自動車学校の学科の内容って

自動車免許を習得するためには、技能教習以外にも必要なことがあります。それが学科教習です。この教習の内容は、仮免許と本免許の学科試験で必要になります。技能で高得点が取れても、筆記試験の得点が低くて免許が習得できなかった、などということにはなりたくありませんよね。自動車学校では、交通ルールについて学びます。標識の表す内容や、自動車が停止できる場所など、運転をする際に必要な知識を身につけていくのです。飲酒運転の禁止など、常識的なものも多いため、過度に心配をする必要はありません。自動車学校の教官の話をよく聞き、試験にのぞめば大丈夫です。

第二段階の学科について

自動車学校の学科試験には第一段階と第二段階の2つがあり、第二段階では交通事故防止、高速道路での運転、特別な状況の下での運転や自動車の保守点検などを学んでいきます。第一段階では基礎的なことを学んでいき第二段階では第一段階よりも高度で専門的な知識を学びます。講師から配られた教本を使って授業を受けていきますが応急救護処置のような実技的なものも含まれています。第二段階が終わると教習の最後に教習所や自動車学校を卒業した後に試験場、運転免許センターで受ける本試験の模擬テストとなる効果測定というテストを受けます。

自動車学校の学科情報

新着情報

↑PAGE TOP